photo 2_m.jpg
Sequence 1 copy_m.png Sequence 1 copy_m.png
IMG_9688_m.jpg IMG_9688_m.jpg
IMG_4065_m.jpg IMG_4065_m.jpg
DSC_3721_m.jpg DSC_3721_m.jpg

Expliner©

Expliner©は、高圧架空送電線上を自走し、架空送電線の表面状況や外径寸法を測定する目的で開発されました。高圧送電線の点検作業はしばしば危険を伴うほか、点検中は送電の停止が必要となり電力の安定供給へ支障をきたすことがあります。ヘリコプターやドローンを用いた遠隔検査の開発も行われていますが、現段階ではその検査精度は限定的です。

エクスプライナーを使用した場合、送電を停止せずに高圧送電線の点検が可能です。エクスプライナーは送電線上を走行し、かつてないレベルの高精度の検査結果を提供します。

ハイボットが独自開発したバランス制御機構により、エクスプライナーは送電線上の障害物を乗り越えて走行することができ、作業員の安全と点検作業の効率化を同時に実現するため、予測保守と資産管理の改善につながります。

日本および海外におけるエクスプライナーの事業化を加速させるため、ハイボットは、株式会社日立ハイテクノロジーズの100%子会社である、株式会社日立ハイテクファインシステムズと提携をいたしました。2014年1月より、エクスプライナーによる架空送電線検査装置の開発・設計・製造及び国内外での販売活動を、日立ハイテクノロジーズと日立ハイテクファインシステムが提供しています。

 

■架空送電線検査装置「Expliner」についての今後のお問い合わせ先:

株式会社日立ハイテクノロジーズ

商事統括本部

社会イノベーション第一営業本部 環境・エネルギー部

担当:仲田、石井

Tel: 03-3504-7317